亀頭直下法ってどんな手術?

包茎手術には様々な方式があります。その一つが「亀頭直下法」と呼ばれるものです。これは「亀頭直下埋没法」とも呼ばれるもので、現在の包茎手術では主流となっているものです。亀頭直下法では、余った包皮を亀頭直下から根元に向かって計測し、縫合部を亀頭下の「環状溝」と呼ばれる部分に作ります。この環状溝と呼ばれる部位に縫合部を作ることで傷口が目立たなくなり、環状切開法で見られる陰茎の「ツートンカラー」を防ぐことができます。そのため、手技で手術をした場合、包茎手術をしたことが他の人にばれにくいという利点があります。

ただし、この亀頭直下法はそれまで多かった環状切開法に比べて、手技が難しいとされ、医師の技量によって仕上がりが大きく左右されます。医師の技量が足りない場合、傷口が上手く環状溝に収まらなかったり、皮が突っ張ってしまたりといった不具合が生じることがあえるため、きちんと医師を選ばなければなりません。また、カントン包茎や真性包茎で絞約部が切除範囲以外にある人は、縫合部が環状溝に収まらないことがあります。

この場合は、貴重直下法の一番のメリットである傷口が目立たないという利点が活かせないため、環状切開法など他の手術法を選択した方が良いケースもあります。いずれにしても、包茎手術の手術法に関しては、綿密なカウンセリングを行い、医師と患者で最適な方法を選ぶ必要があります。できるだけしっかりカウンセリングをしてくれる病院を選ぶと失敗を防げるでしょう。亀頭直下法と一緒にフォアダイス手術を受ける患者さんも多いようです。亀頭のブツブツは見た目が悪く気になる人が多いですからね。

コメントは受け付けていません。

包茎手術後はアルコールは禁止!

包茎手術は、術後のケアが悪いと傷の回復が悪くなってしまったり、トラブルが起こってしまうことがあるので注意が必要です。包茎手術後には入浴や激しい運動、自慰や性交渉が禁忌とされますが、術後しばらくは「アルコールの摂取」も禁止されるので、お酒が好きな人は少し我慢しなければなりません。

包茎手術後のアルコールの解禁時期は、クリニックや術後の経過などによって違いますが、術後3日~1週間程度で飲酒可とするクリニックが多いので、少しの辛抱です。基本的には飲酒はそれほど問題がないとされてはいますが飲みすぎは禁物。包茎手術後は幹部が敏感で、排尿時に痛みが生じることがありますが、アルコールを摂取するとどうしても排尿の感覚が短くなってしまいます。
排尿の回数が多くなると、患部に負荷がかかりますし、下着の上げ下ろしで擦れてしまうこともあるので注意して。また、酔っ払って転倒してしまうこともあるので、アルコールが解禁されたからと言って、一気に大量のお酒を飲むのは禁物です。術後、お酒を飲み始める時には少量からが基本です。また、アルコールの他にも、タバコ・コーヒー・辛い物などは術後はできるだけ避けた方が良いとされています。

そして万一、痛みが強く痛みどめを飲んでいる場合や、感染症などで抗生物質を投与している場合は、飲酒は厳禁。飲酒をすることで薬の効果が薄れてしまったり、肝臓での薬やアルコールの分解速度が低下してしまう可能性があります。手術後の禁止事項はしっかり守るようにしてくださいね。横浜在住の人はデートスポットも多く、恋愛を楽しむには最高の場所ですね。それがもしも包茎で叶わぬ夢となっているのなら、一度お医者さんに相談してみてください。参考:横浜で包茎手術を受ける

コメントは受け付けていません。

気になる包茎手術の出来はカルテの出来で決まる?

包茎手術は基本的にやり直しが利きません。 ノーカット法の包茎手術ならば何度も受診することができるものもありますが、外科手術を行う包茎手術は一度受けると傷跡が残り戻すことはできません。 中には思っていたのと違うとやり直しを願う人もいますが、一度切除した包皮は戻すことができず傷跡を消すのも簡単ではありません。

そんな失敗をしないためにも重要になるのがカルテの存在です。 カルテには包茎の状態や手術の計画が詰まっているためなるべく自分の希望に沿ったカルテ作りを行う必要があります。 悪質な医師の中には高額オプションを付けようとしたり、杜撰なカルテを作ったりするところもあるため流されずにきちんと作る必要があります。 中には恥ずかしがって余り自分の希望を伝えられなかったり、良く説明を聞かずに手術内容の違いも分からないまま手術を行う人もいるため気を付けましょう。

このような失敗をしないためにも予め包茎手術に臨む前に自分の包茎がどのような状態なのかある程度自己診断をしておくといいでしょう。 特に異常があるのか分からず受けると言う方は信頼できる泌尿器科の病院を探し、一度専門家に診断してもらうのをオススメします。 雑誌やネットの広告にあるクリニックは美容外科扱いで保険適用外になるため高額になりがちで悪質な業者も混ざっていることがあるため注意が必要です。

他人に言えない恥ずかしい悩みである包茎。 特に家族を持つ方ならともかく女性とお付き合いしたばかりの方は相談できず一人悶々と悩んでいる方もいらっしゃるのではないのでしょうか? 家族や友人にも相談できないため包茎手術に対する女性の本音がどのようなものか分からず悩んでいる人は悪質な業者に騙されやすいため注意しましょう。 切って縫う包茎手術はやり直しが利かないため悪質業者に騙された場合、一生消えぬ傷を負う可能性があります。

そして女性側も包茎手術の後を見て痛々しいと思う方が多いようです。 男性側からしてみれば女性が胸がないのを気にして豊胸した場合、手術跡があったら心配しますよね。 それと同じように女性も傷跡があると心配して、折角の二人の親密な雰囲気も手術跡を見たら吹っ飛ぶのが本音となっています。

また女性は男性よりも臭いに敏感で不潔なのを我慢できない性質ですが、基本的に清潔にしていれば包茎でも気にしないと言う方が多いようです。 明らかに偏ったアンケートを載せているサイトもありますが、実際は余り気にしないと言うのが多くの女性の本音のようです。 仮性包茎は日本人の6割以上がそうであるため異常でも、格好悪くもありません。 包茎手術を薦めようとする悪質な業者のイメージ戦略に騙されず、自分に何が本当に必要なのか見極めましょう。

コメントは受け付けていません。

埼玉県にお住まいの方が包茎手術を受けたい場合

埼玉県にお住まいの方で、包茎に悩んでいる、包茎手術を受けたいと考えている方は多くいらっしゃるでしょう。 普通に考えれば、埼玉県の県庁所在地であるさいたま市で探すのが良いのですが、別の選択肢もあります。 幸い、埼玉は都心に近いところにありますので、東京も含めて考えてみるのが良いでしょう。 しかし、埼玉県は東西に広く、中には都心どころかさいたま市に向かうだけで手間がかかる方もいらっしゃいます。

このような場合はあまり無理をしないことが重要です。 包茎手術は日帰りの手術ですので、その日のうちに帰るだけでも時間がかかるという場合には向いていません。 包茎手術を受けるところが遠ければ遠いほど、帰りの危険性も高まりますので、日帰りにはこだわらない方が良いでしょう。

二日ほど休みを確保し、一日目に包茎手術を受け、その日は何もせずに宿泊施設でゆっくりして、翌日に帰るという手段もありです。 もちろん、都市部に近い場合はそのような心配は無用となります。病院選びにはこちらのサイトをご参考ください。包茎手術埼玉.biz

包茎手術を行う方は、何らかのコンプレックスを抱えている方が多数でしょう。 そのような方は、包茎手術を受けたことを知られたくないと思っていらっしゃいます。 そのため、包茎手術を受ける病院を選ぶ場合は、病院がプライバシーを守ってくれるかも大きなポイントとなるでしょう。 プライバシーに関しては、実際に行ってみないと分かりません。

メンズクリニックなどは、プライバシーは保護します、安心して下さいと謳っていますが、文章にするだけなら誰にでもできることです。 カウンセリングを受けた場合、個室に案内されるかがまずチェックポイントと言えるでしょう。 他の患者さんや、担当以外のスタッフに見られるような状態でカウンセリングを行うところはプライバシーの扱いに期待はできないと言えます。

これはカウンセリングできちんと対応しているところが安心だという意味ではありません。 そのようなところでも、プライバシーが守られない時はあります。ただ、カウンセリングに気を使わないところの方が危険性は高いという意味です。

コメントは受け付けていません。

仕事が休み時に包茎手術をする

案外、知られているようで知られていないのが、包茎手術をした後のケアになります。 手術に関してはいつでもできますし、時間がかかるものではありません。 仕事が休みの時でも十分にできます。

平日の方がクリニックは空いている事があり、プライバシーの事を考えると平日に仕事を休みにして訪れるのも良いですね。 クリニックが休みになっていないかをチェックしておき、仕事のスケジュールを立ててみてください。

包茎手術をした後、すぐに性行為をすることはできません。 術後のケアも重要であり、自分をいたわってあげなければ跡も残りやすくなってしまいます。

ただし、次の日から普通の生活ができないわけではありません。 痛みや痒みなど違和感は残ってしまいますが、それも徐々になくなっていきます。 周りからも気づかれることがありませんから、変に気にしない方が良いでしょう。 包茎手術で分からないことがあれば、早めに専門医に相談をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。